So-net無料ブログ作成
検索選択
中国語 ブログトップ

台湾料理と中国語 [中国語]

久しぶりに、本格台湾料理のお店に行ってきました。
そのお店に行くのは2回目。

今回食べたのは、

・炸臭豆腐(揚げ臭豆腐)
・炸花枝(いか揚げ)
・香菜拌干絲(パクチーと干し豆腐の和え物)
・水餃(水餃子)
・鹵猪舌(豚タンの醤油煮)
・葱油鶏(蒸し鶏の葱油ソースかけ)
・担仔麺
・炒麺(焼きそば

です。

395132_212396362173112_808136502_n.jpg
これが炸臭豆腐。
臭いが独特で、苦手な人はダメみたいですが、私は大好きです。
パクチーのたっぷり入ったタレに絡めて食べます。このタレが絶品。
日本で臭豆腐を食べられるお店は珍しいので、久しぶりに食べられて大満足です。

377778_212379098841505_1228235324_n.jpg
これが担仔麺。
台湾グルメとして有名な一品ですが、私はあまり好きではないです^^;
おもに旦那氏が食べました。

そして今回は、店員さんとお話しするときにできるだけ中国語を使うようにしてみました。
といっても、わかるメニュー名を中国語で言う程度のことですが、それでも通じるかどうかドキドキ。
飲み物を頼むとき、「泡茶の香片(ポットで入れるジャスミン茶)」と日本語と中国語のミックスで伝えてしまったり(笑)正しくは「香片的泡茶」ですよね^^;
発音が甘かったのか、確認されてしまったりもしましたが、でも一応通じたのでよかったです。

いつも迷うのが、お会計をお願いするときの言葉。
「埋単(マイダン)」がいいのか、「結帳(ジエジャン)」がよいのか・・・。
これまではなんとなく「埋単」をよく使っていたのですが、今回は「結帳」を使ってみました。
そうしたら、店員さんは「結帳?あ~OK!」って感じの反応でした。
なんとなくその反応を見たとき、結帳ってあまり使わないのかな~?という気がしました。
今度の中国語の授業で先生に聞いてみようかな。

応対してくれた店員のお姉さんがとても優しくてありがたかったです。
私のつたない中国語にも付き合ってくださってありがとうございました!
また行きます♪

ああ、また台湾に行きたいなぁ~。
今年はまた台湾旅行したいと密かに思っています・・・。
IMG_0787.jpg
懐かしの台湾の街並み☆
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

会話力アップに向けて [中国語]

気付けば、中国語教室に通い始めて1年3ヶ月くらい経ちました。

前回のレッスンの終わりに、先生からこんなことを言われました。

「次回から、10分くらい中国語でスピーチする時間作ります。作文じゃないから、何も見ないで話してくださいね。」

…うわー。自信ない…というか出来るかなそんなこと(汗)
でもやるしかない…。

これまで勉強してきて、読み書きはだいぶ出来るようになったけど、一番の課題は会話。
単語は覚えていても、それをうまく使えなかったり。
まだ中国語の思考回路ができてないから、伝えたいことを日本語から中国語に変換しようとして、でも中国語で適切な言い回しが思い付かなかったり。
毎回、先生と中国語で会話するときは冷や汗かきながらしどろもどろです(泣)

ああ、早くすらすらと中国語が話せるようになりたいな。
でもそのためには、この苦しい時期を乗り越えなければ。
この1年3ヶ月で、以前よりは確実に中国語がわかるようになったという手応えを小さな自信にして、これからもがんばります!

続きを読む


工芸茶 [中国語]

香港旅行記はちとお休み。

先日、中国語の先生から工芸茶をいただきました☆



一點紅花茶、ということは…赤いお花が開く工芸茶なのかな?
さっそく飲んでみることに。



結構大きいのですね~。



お湯を注いでしばらく待つと、開いて来ました♪



上から見ると、赤いお花が開いてました~。
とてもキレイ☆
味もとても美味しかったです。
目でも舌でも楽しめる工芸茶、はまりそう。
今度台湾に行ったらいろいろ買ってみようかな。

続きはこちら


中国語会話教室 その後 [中国語]

昨年の11月に中国語会話教室第一回目のレッスンに行ったという記事を書いて以降
(ちなみにそのときの記事はこちら
その話題に触れていませんでしたが、ちゃんと教室に通い続けてますよ~。
気づけば通い始めてからもう7カ月が経ちました。
だいたい週1回のペースで通うようにしています。

先生は、2回ほど変わりましたが、ここ数カ月はずっと台湾出身のS先生で落ち着いています。
大好きな台湾のこともいろいろ教えてもらえるし、とても楽しくレッスンを受けることができています。

まだ全然しゃべれませんが(笑)
そしてヒアリングは相変わらず苦手ですが(笑)
目に見えて変わったことはいくつかあります。

【中国語(北京語)でしゃべっている人がいると「中国語だ」とすぐにわかる。】

これ、実は意外とわからないですよね?
私は以前は「中国語っぽいかな?」程度にしかわかりませんでした。
でも今は、明らかに中国語の単語が聞き取れるようになったのでわかります。
例えば、香港映画の字幕版を見ていると、実は広東語と北京語が入り乱れていたりします。
最近見た「グランド・マスター」(ウォン・カーウァイ監督)では、トニー・レオンは広東語、
チャン・ツィイーは北京語をしゃべっていました。
なので、チャン・ツィイーのセリフはところどころ聞き取れましたが、
トニー・レオンのセリフは全然わかりませんでした(笑)

【中国語の文章が以前よりも読めるようになった。】

FBなどで台湾人の友人たちが中国語で書いていると、以前は辞書を使ったりしないと
何を言っているか理解できませんでしたが、今は辞書なしでも大体何を言っているか
わかるようになりました。


・・・まあでも明らかに変わったのはその2点くらいかなぁ。
上にも書いたとおり、まだまだしゃべれないし、ヒアリングも苦手です。
先生が言ったことも1回で聞き取れることはなかなかないですし、
言ったことを理解できても、何と返事してよいのか考えないと言葉が出てきません。

ネイティブスピーカーと会話できるようになるのはまだまだ先の話になりそうですが、
少しずつでも上達していることが実感できるので、引き続き地道にがんばりたいと思います!

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

中華街で中国語学習 [中国語]

旦那さんの家族と一緒に中華街にごはんを食べに行きました。
大好きな同發でみんなで美味しいごはんを食べられて幸せな時間を過ごしました。

メニューは、日本語と中国語と両方で書かれていて、それを見ていたら「五目焼きそば」は中国語で「什錦香炒麺」と書いてありました。
気になってしょうがなかったので、中国人の女性の店員さんに注文ついでに「“什錦”で“五目”という意味なんですか?」と(残念ながら日本語で)聞いてしまいました…。
店員さんはちょっとびっくりして、でもすぐにうれしそうに、そうですよ!と答えてくださいました。
そこから、中国語勉強してるんですか?とかいろいろ話しました。

後になって冷静に考えると、あのとき中国語でこう言えばよかったんだ!とかいろいろ反省ばかり。
とっさに中国語が口をついて出ないのが悔しいです。
でも、こんなしどろもどろの私でも、店員さんは「発音綺麗ですよ!」とほめてくださいました。優しいなぁ~本当に嬉しかったです。
中国語はとにかく喋って使ってくださいね、とアドバイスしてくださいました。
もっと喋れるように、がんばって勉強します!

同發は料理が美味しいのはもちろん、店員さんがみなさん優しくて親切なところも魅力です。
同發に来たのは初めてだった義父母も満足してくれたようで、やっぱり同發にしてよかったな、と思いました。

また必ず行こうっと。
次回は店員さんと中国語で会話できるといいな。

中国語会話教室 第一回 [中国語]

いよいよ、中国語会話教室のレッスンがスタートしました!

先生は上海出身のY先生。
とても美女!
それだけでもテンション上がります(オヤジかっ)

第一回は、簡単な挨拶を学びました。
一緒に授業を受けている友人と中国語で挨拶をする練習を何度もやりました。
挨拶の文言は、独学して知っているものでしたが、実際に会話で使うには、こうやって何度も口に出して練習をしなければ体には染み込まないのだな、と改めて思いました。

気軽にいろいろ質問できる雰囲気なので、「この挨拶は仲のよい人同士でも使うんですか?」とかいろいろ聞いてみました。
Y先生が言うには、本当に気心の知れた友人同士だと、会ったときに〔你好〕とは言わないそうです。
じゃあ何と言うのですか?と聞いてみたところ、特に挨拶は言わない、そうです…。
いきなり「仕事は忙しい?」とか「昨日なにしてた?」とか、会話に突入するそうです。
その感覚、わかるような、わからないような…

あとは、色の呼び方を教わって、この日の授業は終了。
あっという間の一時間でしたが、内容は濃かったと思います。
独学で知識として知っていた単語が、会話の中で使うことによって、自分の中にしっかり落ちてきて、自分の物になる感覚をたくさん味わうことができました。
教室に通うことにして本当によかったです!
しっかり復習して、次回に臨みたいと思います。

中国語会話教室体験 その2 [中国語]

さて、中国語会話教室に通う計画の続きです。
先に体験に行った教室がとてもよかったので、もうそこに決めてもいいかな、と思いつつ、やはり比較検討は必須かな、ということでもうひとつの候補の教室に見学に行って来ました。

平日の夜に行ったのもあってか、決して広い教室ではないのですが、授業を受けている生徒さんが何組かいました。
体験授業には別途料金が必要とのことだったので、とりあえず体験はせず説明を受けてきました。

話を聞いて、教室を見学して思ったのは、この教室は「資格を取りたい」「仕事で使う」等、明確な目標がある人に向いているんだろうな、ということでした。

でも、私も、一緒に通う友達も、旅行で使えたらいいな、という程度で、資格のためにしっかりお勉強、ではなく、楽しく中国語に触れたい、という気持ちが強いです。

ということで、友達と話し合った結果、先に行った1つめの教室に通うことに決めました。
決め手はやはり、明るく楽しい雰囲気でフィーリングが合ったこと、中国語を学ぶと同時に中国文化にも触れたい、という私たちのニーズにも応えてくれる教室である、というところです。

近日中に正式に申し込みをして通い始めるつもりです。
いよいよ始まるな~、とドキドキワクワクしています。

ちゃんと継続していけるよう頑張ります!

中国語会話教室体験 その1 [中国語]

ずっと独学でダラダラと学んでいた中国語。
でもどんなに頑張っても独学には限界がある。

そこで、同じく中国語をちゃんと学びたいと思っている友達を誘って、中国語会話教室に通うことにしました。
どこの教室に通うかを決めるため、候補のひとつの教室へ体験授業を受けに行ってきました。

そこでやはり痛感したのは、

・ヒヤリングができない
・聞き取れても意味を理解するのに時間がかかる
・言いたいことをすぐに中国語に変換できない
・うまく発音できない

……とボロボロで、結局私は全然中国語しゃべれない、という現状(>_<)

でも、全然できないくせに、体験授業はものすごく楽しかったです!
先生が厳しくも優しかったことや、雑談で盛り上がったのも楽しかった理由ですが、やっぱり「中国語を声に出す」のが楽しくてしょうがない♪
そして、自信のない発音を先生が直してくれて、正しく発音できたときの幸せといったら……この上ないくらいです。

この日行った教室はとてもアットホームでよかったので、ここにもう決めてしまってもいいのですが、一応もう一ヶ所くらいは見学してから決めようと思います。

どの教室かはまだわかりませんが、でも必ず教室には通って学びたいです!
それを思うと本当に楽しみです。

体験授業終了後は、友達が家に来てくれて、わが家の旦那さんも交えて3人で晩御飯を食べました。
いろんな話をしてとっても楽しかった~。

憧れの中国語に、大好きな友達に、大切な旦那さんと、楽しい会話。
とっても幸せな一日でした。
中国語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。